片足立ちダイエット

片足立ちダイエット

1日30秒の片足立ちダイエットで骨盤を正常にすれば脂肪が減る!
ヨガのポーズ
(このポーズと似ているけど、両手を水平にしてバランスをとるから簡単。)

骨盤は体の中心に位置し、体重を支えたり、バランスをとったり、上半身と下半身のかなめです。
でも、普段の生活ではあまり動かさないので、骨盤を動かす筋肉が固まってしまいがちです。
これがゆがみをひきおこし、肥満や腰痛などの原因ともなるのです。

 

片足立ちをして骨盤をひらくと、骨盤の緊張がゆるみ、骨盤や全身の血流がよくなります。
また腸の働きもよくなって体内の老廃物がどんどん排出されます。

 

血流がよくなれば脂肪が燃えやすくなり、余分なものが排泄されることで代謝アップ、
やせることにつながります。

 

やりかたは、簡単です。
よく見るヨガのポーズに似ていますが、手を横に広げるのでバランスがとりやすいです。

 

片方の足のかかとを、もう片方の足のつけ根につけ、両手を水平に広げて立つだけ。
身体が硬い人はつけ根より下の無理ない位置でOKです。
同様に身体が硬くてバランスがとれない場合はカベに手をついて転ばないように。
片足15秒ずつ、1日1回30秒です。

 

やりにくいほうの足で再度行うと骨盤のゆがみ矯正に有効です。

 

わたしもちょっと固いのでズボンをはいているとすべってうまくできません。
素足で行うと摩擦力でうまくできます。

 

できるようになったら時間を延ばすといいようです。
また、呼吸は鼻から吸っておなかをふくらまし、口からゆっくり吐く腹式にすると内臓が刺激されて働きがよくなります。

 

骨盤直しダイエットっていうのをウェブで見つけました。

 

これと組み合わせるとよさそうですよ。
両方やっても1分くらいですし。

 

記事ランキング