よく噛むための料理の工夫

よく噛むための料理の工夫

よく噛むことはダイエット成功の重要ポイント。
日々の料理をする時に、食材の使い方を工夫することで噛むことをサポートできます。


おかずには噛むことを考えた食材を使うように心がけましょう。

 

 

噛み応えがあってカロリーが低い、野菜やきのこ類、海草などがオススメです。
野菜は大きめにカットし、火を通しすぎないで、歯応えも楽しめるような調理方法がお勧めです。
キャベツなど葉ものは生野菜として食べるとよく噛めます。
根菜には歯ごたえがあるものが多く、食物繊維も豊富でダイエット中の食材として、とても優秀です。
こんにゃくもおすすめです。コロッと大きめに切ってください。

 

ごはんに切干大根のもどしたものを小さめに刻んで混ぜちゃうのも、
カロリーダウンと噛むことの2つの効果でオススメです。
丼物を作る時にはこの切干大根入りごはん、特にお勧めします。
コリコリとした歯ごたえも楽しめます。

 

 

ごはんを玄米にするだけでも効果あります。
白米は、玄米から外側の硬いふすま部分を削り取ったもので、とても柔らかい。
玄米に噛みごたえがあるのは食物繊維が豊富だからなのですが、同時に栄養も豊富で健康にもいいです。

 

100%玄米にしなくとも、白米に混ぜて炊けばある程度の対策になります。
玄米以外に、雑穀を混ぜるのもいいです。
特に小豆や大豆などお豆は噛み応え十分です。

 

毎日の食事の材料を工夫して、ダイエット成功のために、よく噛む習慣を身に付けたいですね。

 


記事ランキング