ご飯は量って食べる

ご飯は量って食べる

ついつい沢山食べてしまうご飯。
ダイエット時の適量を知って、食べ過ぎないようにする方法です。

ダイエット中のごはんの敵量は、1回分110g=160kcal程度です。
これは、だいたい子供用の小さいお茶碗に1杯くらいの量になります。

 

まずは1度キッチンスケールでごはんの110gがどのくらいか量ってみてください。
目で覚えることが役立ちます。
外食の時にもごはんの量を目で調整できますから。

 

わたしは、ご飯を炊いたら、1回目だけは目分量でよそいますが、
残りのごはんは全てきっちり量って、小さな容器に入れて冷凍保存します。

 

冷凍したものを毎回電子レンジで暖めなおして食べるのですが
おかわりもしにくいですし、量もきっちりなのでこの方法は、とってもおすすめです。
ついついしていたご飯のおかわり、しなくなりましたよ。
1人暮らしでダイエット中の人なら、すぐにでも実行すべしと思います。

 

習慣にしてしまえば、めんどくさくないし、保温よりもご飯が美味しく食べられます。

 

家族と一緒にご飯を食べる人はちょっとやりにくいかもしれないですが、
ご自分の分だけは、しっかり量ったごはんを食べる事をおすすめします。

 

わたしは、100円ショップで冷凍&電子レンジOKのちいさな容器を
たくさん買ってきてストックして使っています。
ラップより断然使いやすいです。
容器は3個で100円だったと思います。

 


記事ランキング