基礎代謝が下がる夏。水分補給で秋太りを防ぐ。

基礎代謝が下がる夏。水分補給で秋太りを防ぐ。

水を飲まないで夏をすごしていると、毎年毎年代謝をがくんと下げて太りやすい体質になってしまいます。

夏場は、冬に比べて体温調節がしやすいため、暑くなるのとともに
身体は勝手に基礎代謝を下げてしまいます。
基礎代謝が低いと、同じように動いていてもエネルギー消費量が少なく、損をしていることになります。

 

水分不足はこの基礎代謝ダウンを加速させます。

 

原因は筋肉の水分不足です。

 

筋肉が行う熱産生が基礎代謝のかなりのパーセンテージを締めています。
エネルギーを主に消費する場所、筋肉が脱水状態になっていると
筋肉の中でエネルギーが作りにくくなり、燃焼効率が悪くなるのです。

 

特に汗などで水分不足になりやすい夏場に筋肉の脱水状態を放っておくと
細胞が萎縮してエネルギーを燃やさない筋肉になってしまいます。

 

こうして夏場に過度に代謝を下げてしまった場合、秋になってもなかなか基礎代謝が回復せず、
夏が来るたびにどんどん基礎代謝が下がる⇒太りやすくなっていくんです。

 

夏場は、他の季節にも増して水分をこまめに補給するように気をつけましょう

 

1日中クーラーが効いた部屋で過ごす等、汗をかかない生活をしていると
汗でナトリウムなどのミネラルも体外に排出してしまうので
ミネラルウォーターを飲むのがオススメです。
ミネラルが多い水)
油をとかす水)
血糖値を下げる水

 

また、普段から汗をかく習慣があると、汗でミネラルが失われにくくなります。
さらさらとした汗がかけるように、ウォーキングなどの軽い有酸素運動で汗をかくようにすると健康のためにいいそうです。

 

 


記事ランキング