カラダ系ダイエット

カラダ系ダイエット

お腹痩せ

カラダ系ダイエットでは、体内の状況を改善するなどして痩せるための方法をご紹介しています。

 


お腹すっきり
便秘がちな人に試してほしい、1キロ排便法のやり方です。これは、光岡知足東大名誉教授が提唱した快便方法で、なかなかスッキリ出ない人にお勧めです。
お腹スッキリ
テレビ番組「みんなの家庭の医学」で紹介されていた腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化して便通をよくする方法をメモしました。たった2つのことを実行するだけで便秘を即効改善できます。お腹にガスが溜まりにくくなるので、膨満感や口臭の改善にもつながるとか。体重も減りそうですね。
水毒
冷え性、便秘、むくみやすい人は要注意!水毒の状態になって身体の中に余分な水分をためこんでいるかもしれません。水毒を解消しながらダイエットしましょう。
ミトコンドリア
「食べてないのに太る」「疲れやすくて太りやすい」「以前より太りやすくなった」という方はいませんか?この悩みがある人は、ミトコンドリアが減ったり、弱ったりして代謝が落ちているかもしれません。
大豆と豆腐
わたしたちのカラダの中にある物質「アディポネクチン」。様々な健康効果を持つため、奇跡の善玉ホルモンや最強の痩せホルモンなどと言われています。長寿のホルモンとしても注目されています。アディポネクチンダイエットは善玉ホルモンを増やして健康的に痩せるダイエット方法です。他のダイエットと違うのは、ただ痩せるだけじゃなく、太りにくい体質を手に入れることができること。アディポネクチンを増やす食べ物、生活面での改善やどんな運動が最適か等まとめました。
先日の世界一受けたい授業で渡辺光博先生から紹介された胆汁酸ダイエットについてまとめました。昨今問題にされている内臓脂肪型肥満。皮下脂肪型の肥満よりも生活習慣病に罹るリスクが高い。動脈硬化、心疾患、肝臓がん、糖尿病などになりやすく、放っておくと生命の危機にさらされることもあります。病気のリスクを高める内臓脂肪を効率的に減らすことができるのが胆汁酸ダイエットです。胆汁酸の血管内濃度があがると、褐色脂肪細胞を活性化するスイッチがオンになり、余分な脂肪をやっつけてくれるのです。
個人の遺伝情報に基づく副作用のない医療実現のための研究が日々行われています。ダイエットに関しても研究が進み肥満遺伝子が太り方に関係していることがわかっています。持っている遺伝子の組合せによって、肥満傾向も異なるため、ダイエット方法もその傾向にあわせたほうがスムーズにうまくいくのです。
褐色脂肪は、外からカラダが冷やされると、体温を保とうとして活性化します。この働きを利用して活性化しましょう。
アディポネクチンを増やす分泌促進サプリメントについても様々な研究がされ、サプリメントも開発されています。中でも注目なのは、アディポネクチンに関する著作もあり、TVなどにも出演されている岡部正医師が開発に携わったアディポネクチンサプリメントです。
足指を刺激するエクササイズで冷えをとり、代謝をよくして痩せにくい体質から抜け出しましょう。身体の内側、内臓が冷えるだけで代謝が低下して脂肪を溜めやすくしてしまうことをご存知ですか?内臓の温度が1度下がると基礎代謝が12%も落ちるそうです。
褐色脂肪細胞の中にだけある脂肪燃焼のたんぱく質、UCP1を、白色脂肪細胞にも発生させれば、さらに燃えやすい状態にできます。
身体の内側からの刺激によって、褐色脂肪を活性化するには、食事が大切です。
空腹
ダイエット中にお腹が空いたり、おやつを食べたくなったりすることがありますよね。そんな時に刺激するとよい、空腹を抑える耳つぼや食欲をコントロールするツボをご紹介します。耳にはとても沢山のツボがあって、ダイエット成功にも役立ちます。空腹なときだけじゃなく、食事の前に刺激するとどか食いを予防できたりもします。
お腹痩せ、2週間目の目標は、皮下脂肪を撃退することです。
お腹痩せ、1週間目の目標は、内臓脂肪を撃退することです。
ぽっこりな下腹をたったの2週間で解消できる、お腹痩せプログラムです。